当店では「コーヒーらしい香り」と「コーヒー豆のもつフレーバー」を重視した焙煎をしています。

基本的には中深煎り(ハイ~シティロースト前後)。

コーヒー豆の持つ香りと焙煎によるカラメルのような香りを引き出しています!

 

 

1.毎朝コツコツ店主が焙煎しています
ドイツのPROBAT社の焙煎機を使い,私菅谷が焙煎しています。PROBAT焙煎機は厚みのある鋳物製で重厚な作りで熱もちよく,コーヒー豆を焦がすことなく芯までしっかり火を通すことが出来ます。出来るだけ新鮮な焙煎豆をお届けできるよう,焼きだめせずコツコツと毎朝焙煎をしています。

2.コーヒー生豆選びについて
コーヒーの生豆はすべて「スペシャルティコーヒー」というグレードの高い物を使用しています。高品質でかつ各産地ごとの個性がしっかりあるコーヒー豆のみを選んでいます。現在はまだまだ種類は少ないのですが,徐々に色々な産地の豆を扱っていきたいと思います。

3.焙煎は「豊かなフレーバーと甘み」をイメージして

コーヒーを焙煎する時には,産地ごとの個性的なフレーバー(風味)と甘みを最大限に引き出せるようイメージしています。ちょっとしたズレが生じても,イメージ通りにいかなくなってしまうこともあります。毎日お店のオープン前に,火力・時間・温度を細かく記録しながら集中して焙煎しています。最適な焙煎が出来るよう,焙煎一釜一釜ごとにすぐに試飲し,その都度修正しながらベストな焼きあがりを目指しています。

・豊かなフレーバー(風味)

コーヒーも産地や品種によってさまざまなフレーバーがあります。たとえば,ブラジルなら「ナッツのような香ばしさ」,エチオピアなら「フルーティーな香り」などなど・・・。そんなコーヒー豆が持つ個性をしっかり味わえるよう,フレーバー豊かなコーヒー焙煎を目指しています。

・コーヒーの甘み ~化学反応をしっかりさせる~
コーヒーを飲んだ後,口の中でカラメルのような香りがしませんか?焙煎によってコーヒー豆に適切な熱を加えることによってカラメル反応が起き,カラメルのような優しい甘みとコクが生まれます。飲み終わった後,「口の中にいつまでも甘い余韻が残る」・・・そんなコーヒーを目指しています。

4.誰でも”飲みやすい”コーヒーを目指して
「酸味が苦手」「嫌な苦みが嫌い」というお客様が多くご来店します。しっかりと芯まで火を通すことでえぐい酸味が消え,「爽やかな酸味」を引き出すことができます。また,無理に深焼きにしなくても,コーヒーをしっかり化学反応させることで「甘味とコク」がうまれます。当店では,無理なくしっかりと火を通すことでいやな苦みや酸味の無い,
”飲みやすい”のにコクや爽やかな酸味が感じられるコーヒーを焙煎します。

 

あなたにとってお好きなコーヒーとなれれば幸いです!

ぜひお試しくださいませ!!